米国Vale training solutions公認 デントリペア国際技術ライセンス認定機関アルティチュード・マップ(表面高低差図)を使いデントリペア国際技術者認定テストを実施しています
  • 挑戦!!技術を証明するためのライセンス
  • 世界が認める‼デントリペア国際技術者ライセンス
  • ライセンスカードのデザインが新しくなりました

一般の方に向けてライセンステストのエントリー受付を開始しています

現在はデントリペア技術者国際ライセンステストのエントリー予約を随時受付致しております。 詳しいテスト開催日程はメールにてお問い合わせください。
日本国内でのライセンス取得技術者の一覧を公開しました。 (NEW)

ご挨拶

一般社団法人サーフェス・メジャーメント・ソリューションズ【SMS】は物質表面上の凹凸高低差を専用計測スキャナーで1/1000ミリ(単位:ミクロンまたはマイクロメートル)で測定し、高低差図と数値の両方で表した検査結果をご提供することが目的の機関であり、また「アジアで唯一のデントリペア国際技術者ライセンス検査機関」にも認定されております。デントリペア・ライセンステストは上記記載のスキャナーにより測定され、米国Vale Training 社が米国デントリペア技術者団体や自動車保険会社、自動車メーカーなどの協力を得て制定した“世界で唯一の基準値”を基に合否を判定するもので、既に世界各国の多くのPDR技術者方が取得しております。スキャナーを用いるそのテスト方法は、“公平かつ公正”なものであり、各方面の関係者より高い信頼を得ています。

私どもは、未だ不透明であるペイントレス・デントリペア工法を日本やアジア諸国へ深く浸透させるために、今後、ユーザーさまがデントリペア業者を選択するときに必要となるであろう要素、“技術レベルの明確化”=プロの技術者各々の技術レベルの“見える化”推進を2015年春よりスタートしました。今回ご紹介させて頂きます「デントリペア国際技術者ライセンス」を日本の多くの技術者さまに取得して頂ける環境整備に積極的に取り組んで行きたいと思っております。「やり直しがほぼ不可能」な工法故に、技術者が自身の持つスキルを明確化し、「鋼板を絞る」という概念に基づく適切な施工を施せる技術者であることを証明することは重要であり、また、そうすることでユーザーさまからの技術的信頼感を得ることができ、デントリペア職種カテゴリーの定着と、BP業を含む「自動車外板修理業界」の更なる発展へ繋がると確信しております。

 

一般社団法人サーフェス・メジャーメント・ソリューションズ 代表理事 押味謙治

「デントリペア国際技術者ライセンス」取得の6つのメリット

これより6つのメリットをご紹介致します。

メリット1 

国際的な基準(メリット1) 「国際的な基準をクリアしている」 デントリペア技術者として、アピールができる

メリット2 

アピール(メリット2) デントリペアという、
国際的に確立している業種の「技術者・経営者として自分をアピール」 できる

メリット3 

差別化(メリット3) スキルを明確にすることで、
同業者との「差別化を視覚的に」  図ることができ、ユーザーへアピールできる

メリット4 

説得力(メリット4) デントリペア技術を説明する際に、「説得力が生まれる」

メリット5 

選択肢(メリット5)

デントリペアの作業を依頼されるユーザーが、施工店を選ぶ際の「選択肢の一つ」 となる

メリット6 

安心感(メリット6)

デントリペアの作業を依頼されるユーザーに、「技術的な安心感」 をあたえることができる

ライセンス取得者の声

ドアヘコミ作成と作業風景

ドア測定

ボンネットヘコミ作成と測定風景

ライセンステスト申込みの流れ
PAGETOP